ゴフマン

役割距離という行動を提唱、役割理論を取り入れたのが問題解決アプローチである。