任意後見

任意後見は、将来の後見人の候補者を本人があらかじめ選任しておくもので、法定後見が裁判書の審判によるものに対し、任意後見は後見人(受任者)と本人の契約となり、公正証書によって行われ、通常下記の3種類のタイプがあります。

将来型
移行型
即効型