公正証書遺言の作成方法を教えてもらえますか。

公正証書遺言の作成手順は下記のようになります。
1 不動産や預貯金などを確認、誰に相続させるかメモに書いてみる。
2 遺言文例集を参考に下書きを書きをします。
3 遺言ができたら、念のために行政書士等専門家に確認してもらいましょう。
4 証人二人を決めます。行政書士などに依頼しても見つからない場合、公証役場に相談してください。知人や親戚に証人を依頼すると、守秘義務が課せられていないので、遺言の内容が漏れる可能性があります。
5 近くの公証役場へ連絡、公正証書遺言の作成日時を予約、その時必要書類を確認しておきます。
6 公証役場に遺言と資産の内訳を説明、遺言公正証書作成手数料の概算を計算してもらいます。
7 印鑑証明、戸籍謄本、固定資産評価証明等)を準備します。
8 証人二人と予約した日時に公証役場へ行き、遺言者は必要書類と実印、証人二人は免許証と認印を持参します。
9 公証人に遺言の下書きを渡します。
10 公正証書原本の記載内容を確認、遺言者と各証人が署名・押印をします。
11 遺言公正証書の正本と謄本を受け取り、費用を支払います。