後見人候補者が後見人に選任されないのはどのような場合ですか。

家庭裁判所では、申立書に記載された成年後見人等候補者が適任であるかどうかを審理、本人が必要とする支援の内容などによっては、候補者以外の専門家等を選任することがあります。なお、民法847条の欠格事由に該当する人は後見人になることができません。