財産が少なく報酬が支払えないのないのですが

法定成年後見の場合、成年被後見人の資産などに応じて、家庭裁判所が職権で決めます。無一文の場合は生活保護の申請を行い、成年後見人の所属する市町村が、家庭裁判所の報酬決定により成年被後見人に報酬を支払います。