法定後見

法定後見は、本人の判断能力が不十分になった場合に家庭裁判所の審判により後見人(保佐人・補助人)が決定され開始され、本人の判断能力の程度に応じ後見・保佐・補助の3種類があります。