法定後見人ができる業務について教えてください。

本人の意思を尊重、心身の状態や生活状況に配慮しながら、必要な代理行為を行うとともに本人の財産を適正に管理します。具体的には本人のために診療・介護・福祉サービスなどの利用契約を結んだり、本人の預貯金の出し入れや不動産の管理などを行います。