遺言書を作ったほうがいいのはどんな場合でしょうか。

遺言書があれば、内縁の妻や友人、お世話になった人など、法定相続人以外の人物に対し財産を与えることができます。また、特定の法定相続人に財産を与えたくない場合でも、法定相続分に従った財産分割をしなければなりません。遺言書がない場合、特定の法定相続人に財産を与えたくない場合でも、法定相続分に従った財産分割をしなければなりません。