高次能機能障害異議申立

交差点において原付きの後ろにヘルメット不着用で自動車に衝突、1年間療養症状が固定、保険会社に手続きを任せ併合11級が認定され、加重障害別途協議で示談、どうも様子がおかしく父親が行政書士に相談、錯誤による日常生活状況報告や医師による後遺診断書作成等、医師と相談者の微妙な調整と実態把握により高次能機能障害の事実を明確化、自賠責の異議申立で併合4級が認定されました。